ちょっとお仕事するかな その2


この日記はその2だよ。
その1も読んでね。
その1はこちら

求人情報検索したけど、ヒットしなかったので、
条件を、もうちょっと緩めて検索。
(あの条件でも結構緩めたつもりだったんだけどな。。)

今度の条件は、
時給1,000円以上
週2日勤務
1駅圏内
室内勤務

これならどうだ!

検索...

4つヒット!
応募だ!

で、結果の前にちょっと時給の話。

だいたい、せいじの同年代だと、年収1,000万円ぐらいでしょ。
で、祝日とかあるので平均月20日勤務の12か月で240日。
有給休暇が20日
夏季休暇、年末年始、GWと全部で20日
最近だと、1日7時間勤務とか聞くけど、一応8時間勤務。

ということは、

時給=1,000万円÷(240日-20日-20日)÷8時間=6,250円

高っ!

つまり、せいじの6倍以上。
せいじの一日の働きは、
会社員が出社して、今日のタスク整理とメール返信とかしてるのとほぼ同価値ということか。

ちょっとせつない。

まあ、しょうがない。
それがせいじの選択だ。

金銭的な部分以外のメリットの方がせいじには重要なだけだ。
まあ、せいじがこういう考えなのって、
色々な要因があると思うけど、
一番は結婚願望が希薄っていうところなのかな、よくわかんないけど。

結婚願望が希薄というか、誰かと家族をつくるイメージが湧かない。
きっと、多くの人は漠然と、
いつか結婚して、子供つくって、家族をつくる。
みたいなイメージがあるんだと思う。

だから、多少の不満はあっても、安定的な仕事にこだわるのかなと。

一生一人で生きていく分にはそんなに多くのお金はいらないからね。

もちろん、
やりたかった仕事だ!
とか、
すごくやりがいを感じて楽しい!
とかもあるのかもしれないけれど、
じゃあ、「明日から給与半分にします」と言われたときに、
即決でそれでも今の仕事続けますって言える人はすごく少ないと思う。

あ、会社員の話ね。
もちろん、経営者や経営者に近い立場の人々、芸術家やスポーツマンみたいな人は、
収入関係なしに我が道を進む人も多いだろうけど。

というか、
こういう仕事がやりたいとか、
自分にはこういう仕事があっているとか、
思って仕事始める人が多いと思うけど、

他人がつくった会社に後から参加して、自分のやりたいことやるとか、
おこがましいにもほどがあると思う。
そもそも「仕事」だからね。
「仕事」なめんな。

もしくは、この会社にいる期間はあくまで、
経験、人脈を得るためで、
その後独立して頑張るみたいのもあるけど、

いや、会社に入ったんなら、会社の利益を第一に考えなよって、
自分の経験や成長は二次的なものとして捉えなよって思ってしまう。

まあ、経営者としては、支払う給与と同等以上の働きをしてくれるのであれば、
どういう思想で働いてもらっても構わないわけだけど。
せいじ、意外とお堅い性格しているのだよ。

はい、本題に戻します。

4社に履歴書送って、返信があったのが3社!
1社は不採用の連絡もないんだけど、どうなの?

では、面接行ってきます。
まあ、パートだし、
せいじの人間的魅力を持ってすればちょちょいのちょいだね。

結果はまた後日!

コメントを残す