小さいおうち


山田洋次監督。
黒木華がベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を獲得した作品。
WOWOWでやってたから見た。

せいじ、いわゆるハリウッドの娯楽大作っぽいのが好きなんだけど、
機会があると邦画も見る。

まあ、見る作品はだいたい出演者で決める。
よく見るのは、
妻夫木聡と山田孝之かな。

「小さいおうち」には妻夫木くんが出演。

主演は松たか子だが、
完全に黒木華だった。

あらすじとしては、
現代の黒木華演じるタキが、
自叙伝を書き、
大甥の妻夫木くん演じる健史と、過去を振り返るというもの。
もちろん黒木華は過去のタキであり、
松たか子はタキが女中として務めた、
小さいおうちの奥様である時子を演じている。

これは戦後なのかと錯覚するような表現があり、
不思議に思ったが、作中、健史も疑問に思っていたようで、
狙っての表現だったようだ。

少し調べてみると、
実際、戦争が始まった直後には、
景気の活性を感じた職種もあったようだ。

本編は淡々とした展開にもかかわらず、
2時間20分弱があっという間に感じた。

こちらの感情が大きく揺さぶられることはないが、
すごく惹きつけられる作品だった。

終盤、小さいおうちが空襲で焼けるシーンの、
現実感のなさ。
おもちゃのような表現。
そこにかぶさる何者かの悲鳴。

唐突であることが、
唐突に表現されていて、
かなしみを感じる瞬間を与えてはくれないが、
心が苦しくなるシーンだった。

松たか子の恋する演技は非常に好きだ。
張り裂けそうな緊張感が凄く好きだ。

タキはおそらく、時子に恋していたのだろう。
だからこそ、何十年もの間、
鮮明に罪の意識を背負っていたのだと思う。

すごくせつない恋愛映画だった。

見ても損はしない作品!
むしろ見た方がいい作品!
85点!

コメントを残す