今シーズンのお気に入りドラマ


せいじ、テレビドラマ結構好きで、
シーズンごとに1作はしっかり見てる感じ。

テレビドラマって(映画とかもそうだけど)、
当たりはずれの幅がすごく大きくて、
駄作を見た時のがっかり感と言ったら・・・。

だが、すごい当たりもあったりするから侮れない。

しかも、映画とかより、良作が話題になりにくかったりするし、
(半沢直樹とか家政婦のミタはせいじ的良作ではない)
全部見直そうにも、10時間ぐらいかかるから、
その時に見ないとやっぱりだめなんだよね。

ちょっと前だと、
BORDER」が隠れヒットで良かった。
設定があれ過ぎて敬遠しそうだったけど、
ダーク感とラストがナイス。

はい、やっと今シーズンの話。

最近はちょっと時間あるから、
一通り見てみた結果・・・、

1位 問題のあるレストラン
2位 デート~恋とはどんなものかしら~

問題のあるレストランはせいじの大好きな坂本裕二脚本。
せいじ、脚本家とかほとんど注目しないし、
あんまり知らないんだけど、
この人だけは知ってる。
「Mother」、「それでも生きていく」、「最高の離婚」
と立て続けにせいじヒットしたからね。

案の上、今回も超ヒット。
コメディを描いているのに、
微妙に重い話を盛り込んだり、
シュールに笑える会話がほんとにツボ。
第1話の刀で切りまくるシーンは驚きだわ。

そして、二階堂ふみちゃんと、東出昌弘くんが最高だね。
ふみちゃんは言わずもがな。
優秀でプライドも高い非モテちゃんがどはまってた。
ただ、全身黒ってあたりの演出が非モテの今っぽさを出し過ぎかな。
似合ってるけどね。

東出くんはもともとそんなに好きではなかったんだけど、
「桐嶋、部活やめるってよ。」での演技が、というか役柄が超かっこよくて、一気に好きになった。

今回の役もどっちかっていうとその路線。

がさつでざっくりとしてて、思いやりもデリカシーのかけらもないけど、
料理の才能は抜群で、おまけに容姿も良し。

いいね、こういうの。

まあ、そんな感じで1位。

そして、デートの方は、

まさにせいじ。

雑誌の作品紹介読んで思ってた以上にせいじ過ぎる。

実は才能ある系なのかなと思ったら全然そんなことないし、
理屈っぽくて、依存してて、プライド高くて、
素晴らしいね。

この感じで最後まで突っ走ってもらいたけど、
月9だからなぁ。
どうなるかなぁ。

っていうか、こういうのがドラマになるってことは、
やっと時代がせいじに追いついてきたってことか!

あ、あとはマニアック枠で、
山田孝之の東京都北区赤羽

テレ東の金曜12時ドラマはマニアックな名作ぞろいで有名だが、
このドラマはさらにその後の放送枠のドラマで、
マニアック中のマニアックドラマ。

山田孝之くんが好きだから見てみたんだが、
いやー、もうドラマではないね。
すごい、の一言に尽きるドラマ。

まあ、今シーズンはこんな感じかな。

ウロボロスもなかなかかな。
小栗くんは外さないね。

そうそう、デートがすごく面白いから、見てよーって、
生花の先生に言ったら、そんな時間に家にいません!
って言われた(´・ω・`)

はい、働いている人はテレビドラマをのんびり見る時間なんてないですよねー。

コメントを残す