新春特別ドラマ「わが家」がそこそこ面白かった


せいじ、気になるドラマはとりあえずHDD撮っておいて、
後日見るというスタイル。

特に2時間ドラマなんて、CMが多すぎるので、
リアルタイムでなんて見られません。

ただ、CMをたまに見るのもいいのだけどね。
CMはあの短い時間に、ドラマ以上にお金がかかっているものもあるし。
15秒に人の関心を引き付けるアイデアがぎっしりとなっていて結構楽しい。

ただ、重要なポイントがある。
CMなんて今は企業HP行けば見放題なのだが、
それだけでは本当のCMの楽しさを理解することはできないのだ。

なぜか。

ドラマの出演者がCMにも出てるから。

きっと、スポンサー集めとかも楽なんだろうなと思ったり。
内容が微妙なドラマだと、CMスポンサーがどんどん抜けていくなんてこともあったね。

なんかそういう裏事情を感じたり、結局このドラマがどういう視聴者層狙いなのかなとか考えたりね。

まあ、実際はそんなに考えてないけどw

CM単体でも面白いけど、テレビでCMを見るという行為もなかなか捨てがたいものである。

ただ、今回のドラマはがっつり飛ばしましたけどね。

さてやっと、ドラマの感想。
主演は向井理。

向井理ってたかはしくんに似ているよね。
この前の月9のドラマでそのことに気づいてからは、
向井理をたかはしくんに置き換えて楽しむということをしていました。

そんな向井理が主演のドラマ。
見るしかないな。

ただ、テーマがタイトルからして家族愛的なものだったので、
若干の抵抗が。

しかも新春ドラマということで、
局として力は入れているものの、
きっと無難な感じまとまってしまうものなのだろうなと。

ちなみにせいじの好きなドラマは
影が入りまくり系かコメディ系。

前シーズンで言うと、
「Nのために」「ごめんね青春」

ここ数年で結構インパクトがあったドラマは
「それでも生きていく」

これはすごく良かった。影の感じがすごく良かった。
脚本の坂本裕二のドラマを実はけっこう見ていることにも気づいた。
しかもこの辺りからこの脚本家は一段回成長したね。
お前だれってかんじだが。

うわー、全然、「わが家」の感想に入っていない!!!

そう、そんな家族愛テーマのドラマかなって思っていたら、
実際そうだったんだけど、思ったより、暗かった!
良い感じな影感だった!
影感が好きと言っておきながら、ハッピーエンドが好きなので、
そこらへんもよかった!

あ、ネタバレの感想なので、嫌いな方は読まないように。
っていうかネタバレのない感想ってなんだって感じだけど。

まあ、簡単にあらすじ言うと、
まず、向井理君の役名は「一歩」。
一歩が子供時代に父親がふらっと家を出ていき、
それが心の奥底に「僕は捨てられた」とトラウマとして残っており、
父に恨みと寂しさのような感情を抱いている。
実家にも数年帰らず、家族代行業者で働いている。
(家族というものの一歩の心理を表現しているのかな)
そこに結婚するので、兄役を演じてほしいと依頼がきて、行ったら実の妹だった。
母親は田舎でふらっと出ていった父親を待ち続けている。
そしてそれを理解できない一歩。
そこに父親が帰ってきて「うにゃうにゃ」あって仲直り。

普通はこの「うにゃうにゃ」の部分がうわーっとなるんだけど、
今回は意外と大丈夫だった。

戻ってきた父親も病気になって死んだりしないし、
出てった原因も実は母親の浮気で、
しかもその父親と母親が家族愛というより、
男女の恋愛みたいな、日本ではあまり見られない感じだったし、
一歩の情けない感じもぼちぼち。
妹のしたたかさと妹感も好きなタイプ。

あとは一歩のことを気に入ってる市川実日子が良かったな。
この子はデビュー当時、話題になり始めたころから、なにかのきっかけで知っていて、
小学生か、中学生だったかな。
いわゆる個性派であんまりすきじゃないなあという第一印象だったのに、
今じゃ姉妹そろって良いポジションを確立しているよね。

ドラマの中で、
一歩に、私が稼いでいるから、
男には顔と体しか求めてない的なことを言い放つんだけど、
これって言われる相手が向井理君だからなんとなく成立セリフだなあとしみじみ。

現実世界どっちも少数派でしょう。

とりあえず、せいじは自分で稼ぐお金って好きじゃないないので、
(お金は割と好きです)
こういうことを言うせいじのことを好きになる人現れないかな。

コメントを残す