自殺という行為には触れないんだね。


 花ちゃん、死んじゃったね。
 最初聞いたときすごいショックで、せいじもテラスハウスすごい見てて、花ちゃんが叩かれる一番の原因になったとされているコスチューム事件に関しては花ちゃんの行動がありえないって思ってたから、なんだか責任みたいなものも感じて、かわいそうっていう感情と同時にすごいもやっというか怖いというか嫌な気持ちになった。

 でもね、その後冷静になってきて、そしていろんな人のこの件に対する意見とかが流れてきて改めて考えたんだけど、なんだか今はこの空気がすごく気持ち悪い。

 まず、誹謗中傷を非難する人たちなんだけど、自分もされてすごく傷ついたっていう意見はすごくわかる。せいじも少し動画とかあげてて、視聴回数すごく少ないけど、たまにコメントついてて、それが「気持ち悪い」とかだったりすると想像していた以上にうわって思う自分がいて、たったひとつのコメントでもそんな感情が起こるのに、それが毎日すごい数きたらダメージも相当だろうなとは思う。
 それとこれからはそういう人たちにも弁護士立てて情報開示請求をしたりするっていう宣言も別にいいと思う。個人の行動の宣言だからどうぞご自由にという感じ。

 でも直接リプ送る人たちのことをまとめ暇人とかバカなやつらみたいな感じでひとくくりにするのは違うと思う。違うというか、まさにその感情が直接リプをおくる人たちと似ている感情で誰でも起こることだと思うんだよね。顔も見たことない人に直接なにかいうのってどうなのっていう論調の人は論外で、それはSNSをやめたらいいだけ。
 それで、その誹謗中傷の中にはその行動に対する批判も含まれていると思って、それは何も悪くないと思う。なにかを世の中に発表するというのは当然批評を受けるし、その覚悟は発表する人間はしておくべきだし、その批評を受けたいから世の中に作品を出すわけだし。それに対する意見として、表現に対する文章能力が乏しく、例えば「死ね」という端的な言葉になる人だっている。もちろんそんな表現に陥る人は改善すべきだと思うし、安易にそんなことばを使う人とは仲良くなりたくないとは思う。
 だからね、それぞれのリプのひとつひとつにはすごく背景のあるもので、だからと言って毎日何百とリプが来る人たちにとってその背景をいちいち考えることがすごく難しいこともわかるけど、人が傷つく発言をするのは絶対悪みたいな感じになってきているのがせいじの価値観とずれてきていたすごくもやっとする。

 それと、ここにきて反応する芸能人の多さが気持ち悪い。せいじはそういう身内感情みたいなことがすごくいやで。なんでそんなに贔屓できるんだろうと思う。少し前だと元KARAのハラちゃんが自殺してて、そのときも多少話題にはでてけど、これほどではなかった。さらにもっと前にも韓国のアイドルが自殺してるけど、やはりそんなに意見する人はいなかったと思う。べつに芸能じゃなくても、東日本大震災のときは日本中が東北応援しようっていう風潮だったけど、2008年おきた四川大地震のときはそこまでじゃなかったでしょ?あっちの方が死者も多いのに、なぜか東日本のときのような支援の広がりはなかった。今だって、コロナで世界中で死んでいる人たくさんいるけど、そんなところの対策には全く興味なくて、日本国内の支援だとかそういったことばかりに注目してる人が多い。海外の難民とか貧困層への対応とかそんなところに興味を持つ人が少なすぎる。少ないから悪いっていうわけではなく、せいじは日本人だろうが、外国の人だろうが死んだって聞けば同じように悲しいし、同じように無関心なの。

 そうそれでね、今回花ちゃんの事件は赤の他人がひどい言葉と投げかける心理がわからないっていうのもあるけど、それはねえ、もう他人じゃないんだよね。それこそ、今回の花ちゃんの事件でなにも面識がないであろう人がこの波にのってなにかを発信しているように、花ちゃんからしたら知らない人だけど、こっちからしたら知ってる人なんだよね。花ちゃんの行為によって自分の感情が揺さぶられるということはもう他人ではないんだよ。中にはガチ恋みたいな感じになっているファンだっているだろうし。

 やっと一番話したかったところにたどり着いた。
 だからこそ、花ちゃんの自殺という選択に対する批判をしっかりとすべきだと思う。死んだ人を悪く言うのはみたいな風潮も理解はできるけど、その風潮だからで処理してしまうのはまさに今回の出来事と本質的に変わらないことでしょ?

 結局花ちゃんのした自殺という選択は花ちゃんに誹謗中傷を送った人たちの行為に近いものがあると思う。花ちゃんのことを大好きな人たちや応援してた人たちの心に深い傷を残す行為だから。それこそテラスハウスな好きな人たちはここまで何年も楽しく見ていた番組が最悪な形で終えられてしまって、いやな思い出になってしまう。あのエピソードをみて花ちゃんに批判的な意見をいっていた人たちは責任を感じてしまうかもしれない。当然番組で共演していた人はそばにいたのになにもできなかったと思うし、仕事に関してもこれから芸能のお仕事をしている人たちは影響はあると思う。山ちゃんなんてこれから毒舌的な意見が言えなくなるかもしれないし、他のスタジオメンバーやゲストに来ていた人たちもすごく負い目を感じてしまうと思う。番組スタッフや編集スタッフももちろんそう。自殺という行為は結局多くの人を不幸にする行為ということはこのネットいじめ云々の議論の前にするべきことだと思うし、最も大切なことだとも思う。花ちゃんの死で世間の流れを変えたみたいな美談には持って行って欲しくはない。

 昔hideが自殺した時後追いで自殺したファンの子が何人かいたよね。でもhideのことを殺人犯だという人はいなかったよね。まあいたかもしれないけど、表には出てこなかった。でも結局自殺ってそういうことなんだと思う。

 それにね、今回花ちゃんはSNSの誹謗中傷で自殺したって決めつけている人が多いけど、もうそれこそがまさに今回の出来事でもあるんだよね。事実としてそうかもしれないけど、まだ遺書が見つかったわけでもないし、死んでしまった以上本当の要因を判断するのは難しいことでしょ?すごく近くにいた人たちでさえまさか死ぬとはと思っていたんだから、それこそ面識のない人にはわかるわけない。コロナでプロレスの興行がなくなったせいかもしれないし、失恋かもしれないし、そういうものが色々重なり合ったからかもしれない。もしくは死ぬ気はなくて、自傷行為をしていたら事故で死んでしまっただけかもしれない。与えられた情報だけで事実を決めつける。これってテラスハウスの生活の一部をみてその本人たちの人間性を全て理解した気になる行為と同じだと思わない?
 
 だからね、今回の出来事で、それに関連したいろんな人たちの行動や、感情の動きが顕在化してて、そして、その正論を言っているようで自分のことを見えてない人が多くいることを目の当たりにして、なんだかすごく気持ち悪いなって思うの。

 ただ単純に花ちゃんと天国で試合しような待っててなみたいなプロレスラーのつぶやきにほっとできた。
 花ちゃん安らかに眠ってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です