富士急ハイランドで正拳突き【2日目】


12月23日と24日、

マックスむらいが限界突破まで正拳突き in 富士急ハイランド

に参加してきた。

1日目の日記はこちら

1日目の終了後、温泉入って、ホテルの部屋戻って、
マックスむらいと中條Dのゲーム対決のニコ生を見ながら就寝。

がっつり寝て気合十分で2日目参戦。

なぜか異様にテンションが上がるせいじ。
昨日のローテンションはなんだったのか。
まあ、せいじはだいたいこんなものだ。

さあここまで来たなら、1万回の正拳突き全部見るぜということで、気合十分でいざ富士急ハイランドへ。
せいじは富士急ハイランド併設のホテルに泊まったため、
一般客より30分早く入園できる入園券を所持している。
ふふふ、最前列のセンターはせいじのものだ。

予想通りセンターを確保したせいじ。
しかし、

あれ、今日人少なくない?

昨日はなんだかんだ、席がほぼ埋まっていた。
しかし、今日は埋まっていない。
3~4人掛けのベンチが観客の席としてずらずらと用意されているのだが、
せいじの横にはだれも座らない。

せいじに問題があるわけではない、はずだ。

まあ、観客の状況などせいじにとってはどうでもいいのだ!
せいじの視界には、マックスむらいしか入らないのだから!

これから7時間、マックスむらいを見続ける。
うーん。
どうなの?

マックスむらいと北野P 太鼓に宮下さん

マックスむらいと北野P
太鼓に宮下さん

まおちゃんとコスケも。

まおちゃんとコスケも。

と思いながら、始まった正拳突き。
そしたら、昨日と異なる演出が。

正拳突き10回打つごとに
「セイヤ」
と叫ぶ。

もちろん、クリスマスイブなので「聖夜」と掛けている。

せいじ、基本的にみんなで何かやって盛り上がろうってノリが嫌いである。
イベントに参加しといて何言ってんだ的な感じだが、そうなんだから仕方がない。

なんかテンションが高い人を見ると逆にテンションが下がってしまうという、
あまのじゃくさんなのだ。

しかし、最近お気に入りのドラマ「ごめんね青春」で気になること言ってた。

「寒いことやってるやつの方が、寒いと言っているやつより熱い!」

いやー、まさに、これ。
せいじは外で寒いと言ってる側だったので、なんとなくねー、いろいろと思うところがある。

まあこれって、高校生のドラマなので、
もう29のせいじが今さらなに感じてんだって話なんですが。

今回の正拳突きイベントなんて、まさに内輪の寒いイベントでしょ。
マックスむらい知らない人にとっては、
え?
って感じのイベントだよ!

せいじはね、もうその場に参加してしまっているのだよ。
じゃあ、もう、とことん入り込んでやるぜ的な。

ということで、せいじも10回ごとに「セイヤ」と叫ぶ。

不思議なものでだんだんと楽しくなってくる。

とはいかない。

しかし、平坦的な楽しさはある。
よく分からないが、言わないよりは言ってる方がいいかな的な。
なんか違うかな。よくわからん。
基本的にこのイベント、2日目はたかはしくんいないからね!
当初の目的終わってるからね。

まあでもサブトークとか聞きながら、ぴよぴよとイベントは進む。
観客もちょいちょい個性的な人も参加し、意外と飽きないものだ。

そして来た。

生歌タイム!

今日はマックスむらいのCDデビュー日!

1000回突くごとに1フレーズ歌うのだ!

これはねぇ、素直に楽しかった。

生歌の持つパワーってほんと不思議だよね。

まおちゃんの「後輩」は、本当にきゅんきゅんするし、

特に10000回突いたあとの、
マックスむらいの「限界突破」フルバージョンは本当に良かった。

肉体的にもしんどいむらいさんがまさに限界突破状態で「限界突破」を歌うっていうね。

ちょっと声でてなかったりしたところもあったけど、
そういうことじゃないんだね。歌って。

個人的には途中、素人の悪ノリみたいなことをしてしまって、
すごいテンション落ちてしまったんだけど。

あれだよね、同じ悪ノリに見えても、プロは計算しているわけで、
素人の悪ノリとは全く別物なのに、そこがわからないイタイ素人という、
せいじがかなり嫌いな感じを自ら体現してしまったようなものだと、自覚し、猛反省ですよ。
出演者の寛大さには救われました。

そんなこんなでイベント終了!

思いのほか楽しくなったせいじは、
メリーゴーランドのったり、富士急告白スポットで一人記念写真を撮ったのだった。

20141224DSC_0658

出演者はもちろんだけど、ショップのミカリタンたちや、平澤遼子ちゃんたちも
ほんと、お疲れさまってかんじ。

ミカリタンほか、ショップスタッフはイベント終了後、在庫確認等
寒空の下、黙々と片づけ作業してた。

メリーゴーランドに乗りながら横目で見てた。
お仕事できてるんだよね、みんな。

そして限界に寒くなったので、新宿へ向かうバスステーションへ。
そこで事件が!!!!

カップルしかいないやんけ!!!

さすがクリスマスイブ。

せいじは焚火の匂いが染みついたお洋服とともに、新宿へと帰るのであった。

コメントを残す