やっぱり歯医者って怖いよね


歯医者行ってきました。

その歯医者は3年ぐらい前までは定期的に通っていたところです。

結構気に入っていたんですよ。
夫婦でやっていて、二人とも歯医者というちょっとセレブ感も漂う感じなんですが、旦那さんの腕がいいし、予約も取りやすいし、家から近いしでよかったんです。

ただ、そこで治療してもらった歯の調子がいまいち良くなくて。
神経取っちゃう感じの虫歯治療でセラミックにしていたんですが、なんかうずく。
それを相談するたびに歯茎かなあと言われ、歯茎の治療。
確かにちょっと歯茎も腫れていてそれを治療すると、なんとなくよくなるんです。

そもそもうずくと言っても、あれ、なんか痛いかも程度の感覚だったので。
それを結構長いこと繰り返してました。
1年以上だったかも。

で、ちょっと怖くなったんですよ。
歯の奥で虫歯菌が残っているのではないかと。

そもそもこの歯はいわくつきの歯でして。

最初にこことは別の歯医者で治療してもらったときに、

「あ、神経まで穴あいちゃいました」とか言われて、このまま我慢できれば大丈夫ですけど、痛かったら神経取らなきゃだめですみたいな感じのことも言われて、えーってなっていたんですよ。

それでそのあと、しみるけどずっと我慢していたら、とうとう激痛が。
絶対虫歯菌残ってて繁殖したに違いない。

だって夜も眠れないほどの激痛だったんだから。

で、この歯医者に行って治してもらったと。

だから、もしかしてーみたいな恐怖感がどんどんと高まり、
とうとう別の歯医者へ。

行ったら即効、開けてみないとわかりませんと。
やっぱそうだよね。
そっちの方がせいじもすっきりするし、お願いしました。

セラミック6万くらいしたけど。

そしたら、案の上といいますか、虫歯菌ではなかったんですが、結構神経が残ってたみたいです。

せいじの歯は外人並みに根本が深いらしく、神経を全部取り除くのが結構大変な構造していて、そのせいかなと。

つまりは前の歯医者は仕事が雑だったということでしょう。

そもそも神経なくなったら何も感じないはずなのに、違和感感じるっておかしな話ですよ。

そこから数週間かけて、神経を丁寧除去してもう一度新しいセラミックをつけて今日に至るわけです。

ちなみにそのセラミックは確か16万円ぐらいしました。
高!!!

話が長くなりました。
それ以来その歯医者に通っていました。

しかし、今回、口内炎ができてしまった!
しかもこの口内炎は普通の口内炎と違って水泡みたいのができる感じ。
痛くはないのですが、何度も再発する。

数年前にも同じ症状が出たことがあって、レーザーで焼いてもらって直したんです。

なので今回は久しぶりにここに行ってみようと。
今通ってる歯医者は予約が取りづらいのが難点なんですよね。
平気で2週間後とか提案されます。

ちなみに歯医者予約する際に、よく行くの辞めた歯医者にもっかい行けるね、気まずくないの?とか言われましたが、せいじはそういうの気にしません。

そんな気遣いで、自分の行動が制限されてしまうのも嫌ですし、そもそも向こうも大して気にしてないはずです。
患者が増えるに越したことはないですからね。

そして行きました。

そしたら悲劇が。

歯医者が奥さんの方だった。。。

奥さんははっきり言って腕が悪い。
たぶん専門が矯正歯科の方みたいです。

神経残っていたのも奥さんのせいなのかもしれません。
あれ、奥さんがなぜかメインでやられたんですよね。
途中で旦那さんの方にバトンタッチしましたが、記憶が結構あいまいです。

まあ、その奥さん、説明は丁寧なんです、が、仕事が遅い。
この口内炎もレーザーで切るのもなんかうにょうにょ時間かけるし、ちょっと痛いしで本当にげんなり。

ちゃんと治るのかなあ。
再発しそう。

あー、歯医者さんってほんと怖い。

コメントを残す